【休むのも一つ】「心が折れた・・・」仕事を辞めたい時の選択肢

こんにちは!

 

仕事で毎日上司に怒られたり、毎日毎日、顧客への苦情対応で謝ってばかりいたりすると、心が折れてしまいます。

 

そこで、今回は、心が折れたことが原因で仕事を辞めたい場合について書いていきます。

 

心が折れた時に会社を辞めて解決する

 

仕事の失敗を理由に上司から怒鳴られたり、顧客からの苦情対応を長い間続けていると、心が折れてしまいます。

 

そういった時に、会社を辞めるという選択肢があります。

 

サラリーマンを対象にしたあるアンケート調査によると、全体の約29%が、心が折れた時に、会社を辞めるという方法で解決しています。

 

会社を辞めた場合、再就職先を探さなくてはなりませんから、心が折れた時の解決策として万能というわけではありませんが、仕事が原因で心が折れた時の単純明快、確実な解決方法です。

 

心が折れた原因が、今の仕事が自分に合っていないということであれば、辞めてしまったほうがかえって好結果となる場合もあります。

 

心が折れた時に会社を休む

 

心が折れて仕事を辞めたいと考えるときに、会社を休むというのも、解決方法の一つです。

 

心が折れた時、その原因が過労にあるのであれば、休暇を取ることによって、心の健康が回復し、元気に働けるようになることがあります。

 

うつ病を発症している場合は、医師の診断書などを取れば、休暇が取りやすくなります。

 

十分な休養を取って、疲労を回復してから、会社に残るか、会社を辞めるかを考えれば、間違いが少なくなります。

 

心が折れた時に、無理して働き続けると、精神疾患を発症するリスクが非常に高くなります。心が折れるというのは、精神の危険サインですから、休養を取るなどの対策が必要です。