【必見】退職できない会社はこうやって辞める!【解決方法】

2020年2月15日

こんにちは。

 

今回は、会社を退職したいのに退職できない場合について書いていきます。

 

このような場合には、退職代行サービスを利用すると問題がすっきり解決する場合があります。

 

退職代行サービスを利用すれば、懲戒解雇にならないように会社と交渉してくれたり、

雇用保険の受給に必要な離職票の請求手続きも代行してくれるので、安心して退職できます。

 

退職代行サービスを利用する

 

会社を退職したいけれども、会社にそのことを中々言い出せないでいる場合や、

会社に退職の意向を伝えたけど会社が引き留めるので退職できない、というケースがあります。

 

その場合に、手っ取り早く問題を解決するのが、退職代行サービスを利用する方法です。

 

この方法を利用すれば、有給休暇が十分に残っていれば、

会社の人間と顔を合わせることなく、即日に退職できます。

 

サービス業者を利用すれば料金はかかりますが、

料金を支払うことでかえって退職の決意が固まることもあります。

 

現代は、一生のうち一度や二度の転職をすることは当たり前になってきています。

 

働くこと自体を辞めてしまうことは問題ですが、

より活躍できる職場に転職するための会社を辞めることは、決して悪いことではありません。

 

退職代行が適切かはケースバイケースで判断

 

一部には、安易に退職代行サービスを利用することは、

社会人として身に付けるべき円満退職する方法を学ぶ絶好の機会を逸してしまうので、

好ましくないという意見もあります。

 

その意見ももっともですが、それが妥当かどうかはケースバイケースです。

 

普通の会社を退職するときに退職代行サービスを利用するのは、確かに甘えすぎ感があります。

 

しかしブラック企業など、違法行為を平気で行う会社の場合には、

円満退職の方法を学ぶ絶好の機会を失ってしまうなどという悠長なことは言っていられません。

 

特にひどいパワハラが行われているような場合には一刻の猶予もありませんので、

退職代行サービスを利用して、即時に退職し、被害者を保護することが必要です。

 

退職代行を利用するメリット

 

退職代行を利用するメリットとしては、懲戒解雇を避けることができることと、

雇用保険の手続きをやってもらえることが上げられます。

 

会社との退職交渉に疲れた場合、会社に退職届の提出と2週間分の休暇申請を行い、

その後2週間が経過すれば普通の会社は自動的に退職となります。

会社に退職届と休暇申請をしているので、

この方法を使って会社を辞めてもバックレにはなりません。

 

しかし、会社とケンカ別れして辞めるようなものですから、

意地の悪い会社だと、懲戒解雇扱いにしたり、

雇用保険の受給に必要な離職票をわざと退職者に送らなかったりします。

 

すると再就職に支障が出たり、会社とケンカ別れをしてしまうと、

なかなか会社に離職票を出してくださいとは言いにくくなるので、

再就職が見つかるまでの期間の生活保障費である雇用保険の基本手当が受け取れなかったりします。

 

その点、退職代行サービスを利用した場合には、会社と懲戒解雇にならないように交渉してくれたり、

雇用保険受給のための離職票の取得を本人に代わって行ってくれるので、安心です。

 

退職代行

Posted by ek