【必見】介護士の方が「辞めたい」と思った時に読む話

2020年2月21日

こんにちは!

 

介護士のお仕事は、最近は改善されてきているとはいえ、

依然として3K(きつい、汚い、危険)のイメージが付きまといます。

 

子供の世話をする保育士とは異なり、高齢者を介護する介護士は、

明るいイメージとはかけ離れたものになることは容易に想像がつきます。

 

そこで今回は、介護士を辞めたい場合について書いていきます。

 

介護のお仕事を辞めたい理由

 

介護のお仕事を辞めたいと思う主な理由には次のようなものがあります。

 

・給料が低い

・残業が多い、休暇が少ないなど労働環境が悪い

・人間関係がしんどい

・体力的・精神的につらい

・事業所の経営方針に不満がある

・仕事内容がイヤ

 

介護のお仕事は3K(きつい、汚い、危険)だと言われています。

さらにその上に、給料が安く社会的評価も低いため、離職率が非常に高くなっています。

 

介護の仕事自体は、高齢社会の中でその重要性をますます増していますが、

介護のお仕事の周辺環境は、決してよいものではありません。

 

こういった環境の中で、やりがいをもって介護のお仕事を続けていくためには、

高い理想としっかりした目的意識をもつしかないでしょう。

 

介護のお仕事と長期ビジョン

 

お年寄りが好きだという人は少なくありませんが、そういった理由などで介護の仕事にやりがいを感じ、

また、介護関係の資格や技能を保有し、さらに将来的には管理職になって活躍したいという目標がある場合には、

介護職は簡単にやめるべきではありません。

 

しかしそういった長期ビジョンがなく、明確な動機がなく介護職に就職し、

ただ何となく働いているだけという方の場合は、介護のお仕事が自分に向かいないという場合には、

この仕事を辞めて転職するという選択肢も悪くありません。

 

短期的なお仕事ではなく、長期のお仕事をする場合には、

賃金や休憩休暇などの労働条件も大切ですが、こういった長期ビジョンがあるかないかも重要です。

明確な長期ビジョンがない場合、長期間働くことがつらくなります。

 

介護のお仕事で長期ビジョンが立たない場合には、長期ビジョンを立てることができる別の業種に転職したほうが、

本人がより充実した勤労生活を送ることができることは間違いがありません。