【大卒向け】工場配属で仕事を辞めたい場合はどうすればいい?

2020年2月15日

こんにちは!

ヤメカタです!

 

今回は「大卒の方が工場で働いていてお仕事を辞めたい」という場合について書いていきます。

 

先に要点を書くと、

2年~3年後に事務職や研究職に配置替えとなる予定がある場合は別ですが、

製造ラインのお仕事に魅力が感じられないのであれば、転職のため仕事を辞めるのも一つです。

 

大卒の方は工場のお仕事が向かないかも

 

大卒の方で工場労働のような単純労働が向かないとおっしゃる方はいらっしゃいます。

一部の工場のお仕事は基本は同じ作業の繰り返しで、頭をあまり使いません。

「自分が学んだことを活かせない」と思い悩み、仕事が嫌になる方もいらっしゃいます。

また、高校卒業で4年間を工場で実務経験を積んだ人の方が、仕事がよくできる可能性が高いです。

 

大卒の場合、周囲に馴染みにくい

 

大卒の方が工場のラインの仕事をすることが困難な理由の一つに、周囲とかみ合わないことがあります。

 

周囲の方の多くは高卒の方だと思います。

高校を卒業をしてすぐに就職された方と大学卒業の方では、話が合わないことが多くなります。

同期も4才離れていますし、一部の先輩も年下になります。

 

周囲にうまくなじめるかどうかは個人差にもよりますが、

大卒で内向的な方だと周囲に馴染むのが難しいでしょう。

 

職場での人間関係がうまくいくかどうかは、

仕事が楽しいか楽しくないかを決める非常に重要な要素となります。

 

職場の人間関係がうまくいかない場合、

「仕事がつまらない。工場のお仕事を辞めたい。」

と考えるようになる確率が高くなります。

 

大学での勉強が役立つ職種につく方が幸せ

 

大企業で入社後一定期間は、製造の現場を担当する方はいらっしゃいます。

経験を積む為と割り切るのも一つです。

 

しかし、そういった転属がなく製造現場のみ担当し、

かつは自分に合わないと感じる場合は会社を辞める方法もあります。

 

大学で勉強した知識や学問が役に立つ職業についた方が、

職業に対する満足度が高くなることは間違いありません。

ストレスが強くなってしまい体調を壊すのであれば、会社を辞めた方が良い場合もあります。