【解決方法】「職場が暗い!」辞めたいけどどうすれば良いの?

こんにちは!

 

一日中、職場にはパソコンのキーボードを打つ音のみが聞こえるだけで、社員同士の会話がほとんどない暗い職場に勤めていると、段々精神的につらくなって、職場を辞めたくなります。

 

職場に嫌なことがあるのは当たり前のことですが、それも程度の問題で、耐え切れないほどそれがひどい場合は、精神疾患を発症する前に、その職場を離れた方が良い場合もあります。

 

そこで、今回は、職場が暗いので仕事を辞めたいケースについて書いていきます。

 

物理的に暗い職場を辞めたいケース

 

職場が暗いという場合に、採光や照明の状態が悪くて暗いということであれば、採光が悪いというのは、建物を改築する必要があるので簡単に改善できませんが、照明器具の付け替えならば、簡単にできます。

 

職場が暗いという問題を、照明器具の付け替えるだけで改善できるのならば、そういう理由で会社を辞める必要はないでしょう。

 

ただし、地下にあるような職場では、日中日光に当たることができないので、長期間勤めていると、体内時計が狂ってしまい、健康を損ねてしまうことがあります。

 

職場が暗くて健康を害してしまうようなケースでは、職場を離れた方が良い場合もあります。

 

職場は明るい方が、そこで働く方がより健康的に働くことができます。一般論としては、職場が暗いという軽微な理由では、会社を辞めない方がいいのですが、暗い職場に長期間勤続し、健康を損なう可能性がある場合には、辞めた方が良い場合もあります。

 

精神的に暗い職場を辞めたいケース

 

職場が暗いということは、採光や照明が悪い時だけではありません。職場の採光や照明には不具合はないのだが、常に職員同士が悪口を言い合ったりしている職場も暗い職場です。

 

また、仕事時間中、職員同士の会話がほとんどなく、パソコンのキーボードをたたく音のみが響き、何か私語を話すと上司が注意する、という職場も暗い職場です。

 

そういった職場に長期間勤務すると、精神的にまいってうつ病を発生したり、あるいは、自分自身が常に同僚の悪口を言っていないと気が休まらない人間に変わってしまったりします。

 

正社員だと、一定期間我慢すれば、移動で別の職場に移れるからよいのですが、移動のないパートさんなどは、そういった職場から逃れるためには、会社を辞めるしか方法がありません。

 

職場の人間関係が悪いとか、職場で会話がないから暗いというのは、採光や照明が悪いから暗いというよりも、一層厄介かもしれません。

 

このケースでも、職場が暗いことによって、健康を害す可能性が出てくれば、職場を離れることを検討してもいいでしょう。