「どうしよう?」仕事を辞めるべきかどうか悩んだ時の解決方法

こんにちは!

 

誰でも、最低でも1回や2回は、仕事を辞めるかどうかについて迷ったことがあると思います。

 

そこで、今回は、仕事を辞めるべきかどうか悩んだときについて書いていきます。

 

衝動的に会社を辞めるのはNGです

 

衝動的に仕事を辞めることが厳禁です。

 

仕事を辞めた場合、収入を得る道が立たれます。うまく再就職が見つかった場合はよいのですが、見つからなかった場合、生活に困窮します。

 

また、特に正社員を辞めた場合、再就職先が非正規雇用や派遣など、給料が安く、雇用不安を抱える職場だと、正社員を辞めて失敗したと後悔するケースがあります。

 

個人に問題がある場合だと、再就職先でも、前の会社と同じような悩みを抱えて、会社を辞めたくなることがあります。このケースでは、会社に残って、自分の問題を解決すべきです。

 

仕事を辞めることは、非常に大きなリスクを抱えます。衝動的に辞めることは慎みましょう。

 

疲労していてうつ状態となり、それで会社を辞めたいと考えている場合には、十分な休養を取り、疲労回復をしてから、あらためて、会社を辞めるかどうかを考えます。

 

よく考えた末の結論であれば辞めてもよい

 

会社を辞めることが絶対に悪いというわけではありません。

 

一定の状況下では、会社を辞めることが問題のただ一つの解決方法であることがあります。

 

また、転職に成功して、新しい会社で充実した職業生活を怒っている方も大勢いらっしゃいます。

 

会社を辞めたことが成功するかどうかは、再就職がうまくいくかどうかにかかっています。

 

会社を辞める時点で、再就職に向けてのしっかりしたプランができていれば、再就職が成功する可能性が高いと言えます。

 

また、仕事を辞めるべきかと悩んだときは、自分の職業生活を見直す一つの良い機会です。

 

いまの仕事は本当に自分に合っているか、自分の本当にやりたい仕事か、この仕事を生涯続けていけるか、会社に将来性はあるか、などを十分に検討し、会社に残るか、辞めるかを判断します。

 

その際、自分の周囲の信頼できる先輩や友人、家族などに相談してみることも大切です。