【最短2週間で退職】正社員が確実に会社を辞める方法

2020年2月21日

こんにちは!

 

正社員は会社の基幹業務を担っているので、会社の辞め方がアルバイトさんやパートさんとは若干異なります。

 

そこで今回は、正社員の会社の辞め方について書いていきます。

 

正社員の会社の辞め方

 

労働基準法では、正社員の場合、退職の申し入れから2週間が経過すると自動的に退職となると定められていますが、

実際に、この規定に従って退職予定日の2週間前に退職の申し入れを行うことは稀です。

 

一般的には、退職予定日の1ヵ月~3か月程度前に上司に退職したい旨を伝え、退職に関する打ち合わせをしておきます。

退職日や引き継ぎのスケジュールが決まったら、退職届を会社に提出します。

 

退職届の提出から退職までの期間は、普通に勤務してもよいし、

引き継ぎに影響を与えなければ、残っている有給を消化して休んでも構いません。

 

退職までの間に、会社でお世話になった方々への退職の挨拶も忘れないでしておきます。

 

正社員を辞める時に退職代行を使う方法

 

普通に正社員が退職する場合は、退職に関する一般常識や就業規則に従って辞めます。

 

しかし、例えば辞めるに辞められない状況に会社が付け入って執拗な退職妨害工作を行い、

状況が泥沼化しているような場合には、正当な退職手続きをしている余裕がありません。

 

そんな時は、退職代行サービスの利用がおススメです。

 

特に、働きたくない職場に長期間勤めることによってストレスが昂じて心身の健康を害し始めている場合には、

正式な退職手続きを踏んでいる余裕がないので、この方法がおススメです。

 

ブラック企業相手の退職手続きに使うエネルギーがあったら、

それを良い転職先を見つけるために使いたいので、退職手続きは代行業者に任せるのが賢明な判断です。