【悩んでいるなら】飲食店のパートを辞めたい人の理由と辞め方

2020年2月21日

こんにちは!

 

飲食店のお仕事も大変です。

特に、込み合っている時間帯に多数のお客さんお注文を間違えずに素早くテーブルに運ぶのを見ていると、感心します。

 

しかし飲食店のパートさん中には、仕事がきついとか、賃金が割に合わないといったような理由で、

パートを辞めたいと考える方も結構いらっしゃいます。

 

そこで今回は、飲食店のパートさんがお仕事を辞めたい場合について書いていきます。

 

飲食店のパートは簡単に辞められる

 

飲食店の場合、店長や正社員などは、将来自分のお店を持つとか、

一流ホテルのシェフになるとかという目標をもって働いていることが多いので、

多少嫌なことがあっても、我慢して辞めないで仕事を続けることが多いです。

 

パートさんでお勤めの方でも、将来的には正社員から店長となって、

一生飲食店の仕事をするのだという意気込みで働いている場合は、多少嫌なことがあっても我慢して仕事を続けます。

 

一方、例えば夫がサラリーマンで妻がパートとして飲食店で働く場合、

パートで働く妻の方は、飲食店のお仕事に対する思い入れはそれほど少なくないでしょう。

 

誰でもお金を稼ぐことが目的で働いていることは間違いないと思いますが、

働く目的がお金以外にない場合は、もっと稼ぎの良い別の仕事があれば、簡単に転職するでしょう。

 

つまり、単にお金を稼ぐ目的で働き、しかも配偶者がサラリーマンでパートさんが家計の主たる担い手でない場合には、

仕事を辞めた場合の影響が少ないので、非常に些細な理由でも会社を辞めることができるし、

辞めた場合でも大きな影響はありません。

 

飲食店のパートが仕事を辞めたくなる理由

 

飲食店のパートさんが仕事を辞めたいと思う理由としては、次のようなものがあります。

 

①人間関係が良くない

②仕事が合わない

③給与・評価が低い

 

飲食店に限らず、どこの職場でも人間関係が合わないと会社を辞めたくなります。

 

人間関係が悪いケースでは、パートだと割り切る方法やシフトを変更してもらうなどの対策が考えられますが、

どうしても我慢できないという場合には、転職も視野に入れます。

 

飲食店のお仕事は接客業ですし、体力的にもきついので、当然、仕事が合わないという方も出てきます。

 

このケースでは、一生飲食店でのお仕事をする意思がない場合には、転職を考えるのもいいでしょう。

 

給与・評価が低いというのも、お仕事を辞めたくなる大きな理由です。

手っ取り早く給与や評価を上げたいというのであれば、正社員を目指す方法があります。

 

パートさんのままだと、どうしても給与や評価が低くなりますので、

どうしてもそれに我慢ならないという場合には、やはり転職しかないでしょう。