【必見】綺麗な仕事の辞め方・伝え方【知っておくべき】

2020年2月21日

こんにちは!

 

仕事を辞めることを会社に伝えることは、非常にプレッシャーがかかることです。

でもそれには一定の作法があり、その作法を守ればそれほど難しいことではありません。

 

そこで今回は、仕事を辞めることを会社に伝える際の伝え方について書いていきます。

 

仕事を辞める旨を会社に伝える際の注意点

 

仕事を辞める旨を会社に伝える際には、繁忙期を避けるのが鉄則です。

 

繁忙期は、デパートであればお中元やお歳暮シーズン、

学校であれば年度末や年度開始直後の卒業・入学シーズンなど、

事業所によって異なりますが、そういった繁忙期は上司が通常業務で忙しいので、

退職の話をされると余計な仕事が増えたと迷惑がりますので、この時期は避けるのが賢明です。

 

退職を切り出すタイミングは、余裕をもって後任者の選任や引き継ぎができるように配慮した場合、

退職予定日の1~3か月前が理想的だと言われています。

 

仕事を辞めることを伝える際には、いきなり切り出すのではなく、朝出勤した際に直属の上司に、

「今日のお昼休み(又は終業後)にお話がありますので、お時間を取って頂けますか」というような形をとります。

 

仕事を辞める旨の伝え方

 

仕事を辞める旨を会社に伝える際には、退職届という文書を会社に提出する方法が一般的です。

 

法律的には、電話、メール、口頭でも、退職の申し入れは成立しますが、実際にそれらの手段を使うと、

「こんな大切なことを電話(メール又は口頭)で伝えるなんて非常識だ」と会社に思われてしまいます。

 

退職届を会社に提出する前に、直属の上司と引き継ぎや退職する時期について、打ち合わせをしておきます。

いきなり退職届を提出するのではありません。

 

退職届に記載する退職理由は「一身上の都合」とします。

本当の退職理由を書く必要は全くありません。

本当の退職理由を書いてしまうと、後から余計なトラブルに巻き込まれたりします。