【悩み】営業職を辞めたい!辞めるべきか悩んでいる方へ【どうする】

2020年2月17日

こんにちは!

 

今回は、営業のお仕事をされている方が会社を辞めたいという場合について書いていきます。

 

営業のお仕事の特徴は、長時間労働で体力的にきつく、

体育会系の雰囲気で上下関係が厳しい、という特徴があります。

 

こういった特徴から、営業の仕事に向く人は限定されてきます。

 

営業に向かない性格の方であれば、仕事がつらくて、お仕事を辞めたいと考えるケースが多くなります。

 

営業のお仕事の特徴

 

営業のお仕事の特徴として以下のようなものが上げられます。

1. 毎月のノルマに追いかけられる

2. 顧客やクレーマーの対応をしなくてはならない

3. 体育会系のノリで、上下関係が厳しい

4. 長時間労働で体力的に厳しい

5. 休日や休憩時間中でも仕事の電話やメールがくる

 

コミニケーション能力が低い方や、

体育会系の雰囲気にどうしても馴染めないという方は、営業に向いていません。

 

営業は、会社の運命を左右する売上に直結するお仕事で、

社内では非常に重要なお仕事とみなされています。

 

そのため、成功すると高く評価されますが、

その反面、成績を上がることができないとものすごく怒られたりします。

 

営業に向いていない人の特徴

 

営業に向いていない人の特徴を上げると、以下のようになります。

1. 他人とのコミニケーションが苦手

2. ストレスに弱い

3. プライドが高い

4. 目標を達成する意欲が低い

 

営業のお仕事は、体育会系のノリで先輩後輩の上下関係が厳しいところが多いので、

コミニケーション能力が低かったり、プライドが高い人は馴染むのが大変です。

 

職場は人間関係がうまくいけば、仕事に関する能力は多少低くても何とかやっていけます。

 

しかし人間関係をうまく築けないと、仕事ができても職場に居づらくなり、

会社を辞めたいと思うようになります。

 

営業の仕事は残業が多く、またノルマを達成しないと、上司に怒鳴られたりします。

お客さんのクレームに対応するのも大変です。

とにかく、ストレスの多い職場です。

 

ストレスに弱い人は、このストレスに負けて体調を崩したり、うつ病を発症したりします。

ストレスに強い人でないと、営業のお仕事はつとまりません。

 

営業に向いてなければやめた方が良い?

 

営業のお仕事を辞めたいと思った場合、

まず思い切って辞めてしまうのか、それとも我慢して会社に残るのかを考えます。

 

お仕事を辞めたいと思った時は、自分の能力や性格を分析し、

自分にピッタリ合った仕事とは何かを考える非常に良い機会となります。

 

コミニケーション能力が高く、人と合うのが好きで、

体育会系のノリにも合わせることができ、

心身ともに丈夫でストレスに強い方は営業のお仕事が向いています。

 

一方、先に述べた営業に向かない性質の人の場合には、

営業のお仕事で大きな成功を得ることは難しいかもしれません。

 

自分の能力及び性格を慎重に分析して、それが営業のお仕事に向かないのであれば、

会社を辞めることを検討してもよいでしょう。

 

もう一つ、営業のお仕事を辞めたいと思う理由が一時的なもので、

将来的に改善する可能性があるのであれば、我慢して会社に残った方が良いでしょう。

 

お仕事を辞めるということは大変なエネルギーを必要とします。

できれば、避けたいものであることに間違いはありません。

 

一方、辞めたいと思う理由が将来的に解決する見込みのない恒常的なものであれば、

仕方がありませんので、辞めることを検討してもよいでしょう。