「今の仕事が向いていない・・・。」辞めたいと思った時に読む話

こんにちは!

 

現在従事している仕事が自分に向いていないと、充実した職業生活を送ることができません。仕事が自分に向いているかどうかは、職業生活の帰趨を左右する重要事項です。

 

そこで、今回は、現在の仕事が自分に向いていないという理由で、会社を辞めたいと思うケースについて書いていきます。

 

仕事が向いてないは会社を辞める理由になる

 

仕事が向いていないということは、会社を辞めることの一つの理由になります。

 

職業は、人生において非常に大きなウエイトを占めます。

 

その職業が、自分に向いていて、毎日毎日楽しく働ける場合と、それが自分に向いていなくて、毎日毎日我慢しながら働くのでは、非常に大きな差がつきます。

 

大企業の正社員の場合には、定期的な転勤があり、また、自分が働きたい部署に異動希望を出すこともできるので、現在の仕事が向いていなくても、将来的には、自分に向いている仕事に就くことがでる可能性が十分あります。

 

しかし、中小企業の正社員や非正規職員の場合、基本的には同じ仕事を長い時間続けますから、その仕事が向いていないと、毎日がつらくなります。

 

パワハラや違法残業のない普通の会社であっても、仕事が向いていなければ、会社を辞めるケースが出てきます。

 

自分に合っている仕事を見つけることが大切

 

現在の仕事が自分に向いてないと思う場合、では、自分に向いている仕事とは、どんな仕事かということを見極めることが重要です。

 

若いときは、自分がどんな仕事に向いているかということは、分かりにくいものです。

 

そういったケースでも、キャリアカウンセラーなどの専門家や適性試験を受けることで、ある程度、調べることができます。

 

職業生活の長い方であれば、それを何となくは分かっていると思います。

 

現在の仕事が自分に向いてないということで会社を辞めることを検討する場合、自分に向いている仕事とはどんな仕事か、ということをはっきりさせておく必要があります。

 

そうでないと、会社を辞めることが単なる逃避になってしまい、転職に成功してより充実した職業生活を歩むことはできなくなります。