【対処法】工場でお勤めの方が工場を辞めたい場合【悩み】

2020年2月15日

こんにちは!

ヤメカタです!

 

今回は、工場でお勤めの方が工場を辞めたいというケースについて書いていきます。

 

先に要点を書きます。

工場でのお仕事にも、向き不向きがあります。

他に向いている仕事がある場合、転職を検討するのも一つの方法です。

 

工場のお仕事には向き不向きがある

 

先ほどの繰り返しとなりますが、工場のお仕事には向き不向きがあります。

基本的には機械相手の仕事の為、

「コミュニケーションが苦手の人」「内向的な人」

が向いている傾向にあります。

 

単純作業が多い為、

「難しいことを考えるのが嫌いだ」

という方にも工場の仕事は向いています。

 

反対に、工場のお仕事に向いていないのが話し好きの方でしょう。

話し好きの方であれば、黙々と機会に向かう仕事は退屈すぎてつまらないと感じるかもしれません。

 

そういった方であれば、営業職が向いているかもしれません。

 

工場の仕事が向かない場合は転職を検討する

 

工場の仕事を辞めたいと考える場合、それが休暇を取ってリフレッシュすれば治るようなものなのか、

自分の性格に仕事が合わない構造的なものなのかを判断する必要があります。

 

休暇を取ってそういった感情がなくなれば、それは一過性のものです。

しかし、休暇を取ってもそういった感情が消えないのであれば、それは構造的なものになります。

 

毎日の仕事にやりがいを感じることができれば、それは幸せなことです。

反対に、いやいや仕事を続けることは、それが長くなればなるほど本人の心身に悪影響を及ぼします。

 

工場のお仕事には向き不向きがあります。

自分の性格をよく検討して、工場のお仕事に向かないという結論になった場合には、

転職のために会社を辞めることも視野に入れます。

 

工場を辞めることは慎重に検討する

 

仕事を辞めるというのは、非常に大きなリスクを負います。

長期間の失業状態が続くかもしれませんし、転職先が今よりひどい会社となる場合もあります。

 

工場のお仕事をしていて、会社を辞めたいと思った場合でも、

すぐに実行に移すのではなくて、仕事を辞めなくても問題が解決できないかどうかを考えます。

 

ストレスであれば、休暇の取得や友人とのおしゃべりだけで解消する場合もあります。

 

賃金が低いとか休暇が少ないという場合は、

労働組合などを通じて改善を申し込めば、問題が解決する場合もあります。

 

上司がパワハラを行ういという場合には、

内部通報窓口や人事部などに相談するという方法で解決できるケースがあります。

 

そういった方法で問題を解決できない場合に、はじめて会社を辞めるという方法を検討します。