【どうする】主婦と正社員の兼業が辛い!そんな時の対処方法

2020年2月21日

こんにちは!

 

正社員として働く主婦の方は、仕事と育児・家事の両立が大変です。

自分の自由時間がほとんどとれないので、仕事を辞めたいと考えることもしばしばです。

 

そこで今回は、正社員として働く主婦が会社を辞めたい場合について書いていきます。

 

正社員の主婦が会社を辞めることについて

 

夫婦とも正社員で共働きだと、家計全体としての収入は多いが、自由に使える時間が少ないという問題点が残ります。

 

特に、子育てをしている場合には、仕事と家事・育児に追われて、自分の時間がほとんど持てないという状態が長く続きます。

 

お金には余裕があるので、高級車に乗ったり、休日に高級レストランで外食などは楽しむことができますが、

普段は余裕のない殺伐として日々を送ります。

 

そういった場合には、仕事を辞めて専業主婦になりたいとか、残業も少なく、

責任ある仕事をしなくてもよいパートで働くことに切り替えたいと思うことがよくあります。

 

夫が正社員として働いている場合、妻の方が専業主婦やパートで働いても、十分家計の出費を賄えるというケースもあります。そのような場合には、無理して正社員として働く必要はないので、場合によっては、仕事を辞めてもいいでしょう。

 

なお、パートに切り替えた場合、正社員と比較すると、

パートのお仕事は、やりがいのある仕事が少なく待遇面でもよくないですから、この点を十分に考慮する必要があります。

 

会社を辞めるかどうかは性格などによる

 

最近では、育休制度を充実させる企業が増えています。

育休制度が充実している企業で正社員として働く主婦の方であれば、

仕事と育児の両立が大変な子供が幼少の時期にこの制度を上手に使えばなんとか、

会社を辞めずに、正社員としてのキャリアを維持できます。

 

人には様々なタイプがおります。

家庭的な方もいらっしゃれば、女性でも男性以上にバリバリ働く方もいらっしゃいます。

 

それゆえ、育児と仕事の両立が難しくなったときに、

会社を辞めた方が良いのか、それとも辞めない方が良いのかは、一概には言えないことです。

 

正社員として働く主婦の方が、ご自身の適性・性格・技能・将来に対する希望・家計の収入や、

夫や周囲の者の意見などを参考として、判断するしかないでしょう。

 

キャリア志向の場合には、正社員として会社に残った方がいいでしょうし、

家庭指向の場合には、子育てで忙しくなったら一旦会社を辞めるという選択肢が妥当です。