ブラックな会社であれば退職したい旨をメールで伝えるのも一つ!

2020年2月21日

こんにちは!

 

以前は、退職したい旨は会社の上司などに直接言葉で伝えるのが原則でしたが、最近はメールを使うケースも増えてきました。

 

そこで今回は、退職したい旨をメールで伝える場合について書いていきます。

 

 

退職したいをメールで伝えること

 

退職したいという意思は非常に重要なものですので、一般的には会社に出向いて上司に直接言葉で伝えるのが原則です。

 

特に正社員や、パートさんでも勤務期間の長い方の場合、

会社から受けた恩義も多いと思いますので、退職の意思表示はできるだけ礼を尽くした方法で行うべきです。

 

それ以外の方の場合でも、一般常識としてはメールではなく、直接言葉で伝えるのがよいでしょう。

 

メールで退職の意思を伝えた場合、人によっては「こんな大事なことをメールで伝えるなんて」と怒ってしまいます。

 

法律的にはメールでの退職の申し入れも成立しますので、メールでの退職申し入れで退職できないということはありません。

 

しかしやはり、直接会って言葉で伝えた方が無難でしょう。

 

退職をメールで伝えた方が良い場合

 

退職の意思表示は、会社の上司などに直接会って言葉で伝えるのが原則です。

しかし状況によっては、メールで伝えた方が良い場合もあります。

 

例えば、職場から受けるストレスで上司や同僚の顔を見るのも嫌になることがありますが、

そういった場合は、メールで退職したい旨を伝える方法は有効です。

 

また、会社がひどいパワハラを行っており、退職したい旨を言い出すと何をされるか分からないといった危険な場合も、

メールを使う方法は役立ちます。

 

こういったケースでは、バックレ、すなわち無断欠勤を2週間続けて懲戒解雇になる方法もありますが、

これをするのであれば、メールでもよいから退職の意思をきちんと会社に伝えた方が良いです。