【退職は簡単】主婦の方で「パートを辞めたい」と悩んでいるなら

2020年2月25日

こんにちは!

 

パートさんには、夫がサラリーマンで、夫の扶養に入りながら働く主婦の方が多くいらっしゃいます。

 

そこで今回は、パートとして働く主婦がお仕事を辞めたい場合について書いていきます。

 

パートで働く主婦は辞めやすい

 

主婦がパートで働く場合、夫が生計の主たる担い手となっていることが多いので、仕事に生活がかかりません。

 

従って、パートとして就職した職場の仕事がつらかったり、

自分に合わなかったり、人間関係が悪ければ、あまり我慢しないでサラッと仕事を辞めてもよいでしょう。

 

会社の方では、常に一定数のパートさんが辞めることを想定していますので、

退職の1か月程度前に退職を申し出て、引き継ぎをする十分な余裕を与えれば、

あっさり退職を認めてくれるはずです。

 

パートさんの求人は多数ありますので、しばらく休んだら、また別の職場を探して再就職すればよいでしょう。

 

パートで働く主婦の仕事の辞め方

 

主婦がパートで働く場合、1年とか6カ月とかという期間雇用契約で就労するケースが多くなります。

 

期間雇用契約の場合、病気や怪我で働けないなどという特別の理由がないと、

契約期間の途中で辞めることはできません。

辞める場合には、期間契約満了時に、更新の契約書にサインをしない方法をとります。

 

ただしパートさんの約半数は、就職から1か月程度で退職するというデータもある通り、

初回の契約期間に限っては、退職の申し入れと同時に会社が退職を認めてくれるケースもあるようです。

 

働き始めてから1か月程度では、パートさんはほとんど戦力になっていませんから、

引き継ぎの必要もほとんどなく、退職の申し入れと同時の退職が可能なのでしょう。

 

契約更新を繰り返し、会社の戦力となっているパートさんであれば、

突然辞められると会社が困るので、契約期間満了を待って辞める必要があります。

 

なお会社の承認がある場合には、契約更新を繰り返している方でも、

退職の申し入れ直後、又はその1か月後、又は引き継ぎが終了し次第辞めることができますから、

一応は、退職時期について会社と相談してみるといいでしょう。