【解説】汚い職場を辞めたい方向け!解決方法と転職すべきか

2020年2月17日

こんにちは!

 

汚れた職場で働くよりも、きれいな職場で働きたいと誰でも思います。

職場が汚いと、だんだん自分自身も汚れてくるように感じるようになり、労働意欲を失います。

 

そこで、今回は、職場が汚くて会社を辞めたいケースについて書いていきます。

 

汚い職場は辞めたくなる

 

産廃処理業や自動車解体業の会社で働くと、職場が汚れていることが多いです。

事務所は清掃が行き届いてキレイなのですが、

現場は油汚れやゴミにまみれていて、そこで働くのは大変です。

 

ゴミ処理業も人さまのお役に立つ非常に重要な仕事で、

そこで働くことは決して悪いことではありませんが、

廃棄物に囲まれた汚い職場で働けば、やはり辞めたくなるというのが正直な気持ちです。

 

そういう職場を辞めたいという方に対して、

我慢して続けなさいと言うことは誰にもできないと思います。

 

ただし何も準備しないで転職すれば、

また同じような仕事に就かざるを得ないことになりかねないので、

仕事をしながら資格を取るとか、コンピューターの技術を勉強するとかの職業訓練を行い、

技術を身に付けてから転職したほうがよいでしょう。

 

汚いオフィスで働く問題点

 

オフィス勤務でそのオフィスが汚れているという場合、

その会社は顧客から、事務所の清掃も満足にできない会社なのかという評価を受けます。

従って、その会社の将来は決して明るいものではありません。

 

大きな会社では清掃業者に委託して毎日清掃を実施していますが、

小さな会社では、清掃業者に清掃を委託することが難しいので、

会社の社長や職員などが事務所の清掃を行うことになります。

 

会社の人が手抜きをしていると、すぐに会社の事務所が汚れてきます。

汚い会社からはお客さんが逃げていくので、

もうすでに業績が低迷しているか、今後低迷していく可能性が高いです。

 

事務所が汚い以外に問題がなく、その会社で勤めているのが楽しければ、

ボランティアで会社の清掃を買って出てもよいかもしれません。

 

しかし、事務所が汚い以外にも様々な不満を抱えている場合には、

会社を変えた方が良いケースも出てきます。