【知っておくべき】仕事を辞めるベストなタイミングはいつなのか?

2020年2月15日

こんにちは!

 

今回は、仕事を辞める際に、退職の意思を会社に伝えるわけですが、

そのタイミングについて書いていきます。

 

退職の意思を会社に伝えるタイミングは、繁忙期や人事異動の直後を避けた時期、

できれば退職の1から3か月程度前がよいです。

 

年末や年度末のように、必ず退職者が出る時期に合わせて退職できるように退職届を出すという方法も、

トラブルを起こさないで退職するよい方法です。

 

繁忙期や人事異動の直後は避ける

 

退職の意思を会社に伝えるタイミングは、緊急に退職する必要がある場合を除き、

会社の繁忙期や、人事異動の直後で会社がバタバタする時期を避けた方が良いです。

 

退職届を受ける会社の上司も、通常業務で忙しいところに、

さらに退職に関する事務手続きを行うとなると、良い印象は持たないでしょう。

 

普通の会社では、年度末の3月末や年末の12月末に、必ず数人の退職者が出ます。

その時期に合わせて退職できるように退職届を出すという方法もよいでしょう。

 

年末や年度末には、違和感なく退職ができます。

 

退職届の提出は余裕をもって行う

 

法律上は、正社員の場合、退職届を会社に提出してから2週間が経過すると、自動的に退職となります。

 

従って、退職の2週間前に会社に退職届を出せばよいことになります。

 

しかし、これは法律上の話です。

退職者が出た場合、会社は後任の人物を探す必要があります。

 

退職と同時に、後任の人物が就任するためには、

退職の3か月~1か月前に退職届を会社に提出する必要があります。

 

こうすれば、会社が後任者を探すには十分な時間がありますから、会社に迷惑がかかりません。

 

有期契約社員の方は期間終了まで待つ

 

有期契約社員の方であれば、病気や怪我等で仕事ができないという特別の事情がない限り、

契約期間の途中では退職できないのが原則です。

 

従って、原則として、契約期間の終期まで待って退職する必要があります。

 

たいていの会社は、契約期間の終期の1か月程度前に、

契約更新に関する意思確認をする場が設けられます。

 

その場で、契約更新をしない旨を会社に伝えれば、契約期間の終期に自動的に退職となります。

別段、退職届などの会社に提出する必要はありません。