【最終手段】バックレは仕事を辞めたいのに辞めさせてくれない時だけ!

2020年2月14日

こんにちは。

 

今回は、バックレについて書いていきます。

バックレは仕事を辞めたいのに会社が辞めさせてくれない場合に、会社を辞める最終手段です。

 

バックレは自分の周囲や自分の良心に与える悪い影響が大きいので、できれば避けたい方法です。

会社のひどいパワハラや長時間労働などで生命が危機にさらされているようなときには、

確実に会社を辞めることができます。

 

バックレが良い時と悪い時がある

 

勤め先が仕事を辞めさせてくれない場合、バックレる方法は最終手段です。

バックレることは再就職に悪い影響を与えますし、本人にも後味の悪いものです。

会社にも大きな迷惑がかかります。

 

また円満に退社するというのも、社会人として守るべきマナーの1つです。

バックレはその社会人としての義務に違反することになります。

 

ただしそのバックレも必要な時があります。

 

ひどいパワハラを受けている。

もしくは異常な長時間労働で命の危険を感じている場合で、

会社を辞めたいと会社に伝えても会社が辞めさせてくれない場合にはもうバックレを使うしかないでしょう。

 

社会的対面や法律の規定を守って生命を失ってしまうことは、全く愚かなことです。

バックレても確かに一時的には不利益を被りますが、それは将来的に回復できないものではありません。

 

バックレも、絶対使ってはならないというわけではなく、

使ってよい場合とそうでない場合があるので、状況をよく見て判断すべきでしょう。

 

バックレると裁判で訴えられるか

 

法律上はバックレの結果、会社に損害が発生した場合には

その損賠の賠償をバックレた者に請求することができます。

しかし、例えバックレによって会社に損害が生じた場合でも、

実際に裁判に訴えられることはほとんどないようです。

 

その理由は、まず裁判に訴えるためには、

バックレによって会社に損害が生じたことを客観的に証明しなくてはなりません。

しかし、それは難しいです。

 

また、訴えには膨大な時間と手間がかかります。

仮に勝ったとしても、被告(バックレた労働者)に請求できる金額は少額です。

従って、ほとんどの会社はバックレで損害が発生していても割に合わないので裁判には訴えません。

 

従業員が突然退職することは決して珍しいことではないので、会社の方ではある程度の備えをしているはずです。

バックレで会社に裁判沙汰になるような大きな損害が出るということはめったにありません。

 

バックレより退職代行を利用した方が良い

 

バックレをするよりは退職代行サービスを利用したほうが良いでしょう。

 

退職代行サービスを利用すれば、退職に関する手続きをザービス事業者が本人に代わってしてくれます。

本人は会社の人間と顔を合わすことなく会社を辞めることができます。

 

会社の人間と顔を合わすことなく辞めることができる点では、バックレも退職代行で会社を辞めることも同じです。

 

退職代行サービスを利用すると3万円から6万円の料金がかかりますが、

バックレた後の不利益を回避できることを考えると安い金額だと言えます。

退職代行

Posted by ek