【悩まない】「職場が暑い!辞めたい!」辞めない方が良いケースも

2020年2月21日

こんにちは!

 

職場が暑くて会社を辞めたいと思う場合、本当にやめた方が良い場合と、辞めない方が良い場合に分かれます。

 

そこで今回は、それぞれの状況下で、職場が暑くて会社を辞めたいケースについて書いていきます。

 

職場が暑くて会社を辞めるケース

 

製造の現場で、職場には300℃の熱を発する電気炉があり、

夏は職場内がかなりの高温になるにもかかわらず、

職場にはスポットクーラーしか設置されていないというケースがあります。

 

そういった職場では、夏場に職場が暑くて会社を辞めたいと思うことがあります。

 

特に40代50代になると、暑さに耐える力が衰えてきます。

若い時であれば我慢できた職場の暑さが、耐え切れなくなってきます。

 

このような状況下では、会社を辞めてもっと快適な職場に転職することを考えた方が良い場合が出てきます。

 

職場が暑くても会社を辞めない方が良い場合

 

オフィス勤務とかで、人間関係や給与・休暇といったものに不満はないけれども、

職場が暑くて会社を辞めたいという場合には、扇風機を増設するだとか、

職場のクーラーの設定温度を下げてもらうとかすれば、問題はないでしょう。

 

会社を辞めるということは非常にリスクを伴いますし、多くのエネルギーを必要としますので、

どうしても我慢ができないという場合を除けば、避けた方が良いでしょう。

 

オフィス勤務で職場が暑くて会社を辞めたいということは、

残業時間や賃金が安くて会社を辞めたいという場合よりも、深刻さの度合いが少ないです。

 

それで会社を辞めてしまうのは勿体なので、できれば会社に要求してクーラーの設定温度を下げてもらうとか、

会社にクーラーがない場合には、クーラーを設置してもらうとか、そういった方法で解決したいものです。