【要注意】正社員が会社を辞めることを電話で伝えるのは基本NG

2020年3月24日

こんにちは!

 

正社員は、非正規職員などと比較した場合、会社とより深い関係にありますので、退職に関する手続きも、非正規職員の退職とは異なるルールに従います。

 

そこで、今回は、正社員が電話を使って会社を辞めることの可否について書いていきます。

 

正社員の退職で電話を使うのはNG

 

正社員は、非正規職員に比べて高い給料や賞与を貰っています。そのため、正社員は、非正規社員の模範となるような役割を期待されています。

 

電話で退職手続きをすることは、非礼な行為なので、病気や怪我等で会社に出社できないなどの例外的なケースを除き、NGです。

 

特別な理由もなく、正社員が電話で退職手続きを行うと、会社も同僚も、「正社員のくせに、

電話で退職手続きをするなんて」と憤ると思います。

 

正社員は、非正規職員と比較して、社会的な責任も有しています。従って、退職手続きは、退職届を会社に提出する方法で行い、円満退職を心掛けるべきでしょう。

 

正社員は電話を使って退職する場合

 

いついかなる場合も正社員が電話を使って退職してはならないわけではありません。

 

例えば、職場でひどいパワハラを受けたり、違法な長時間労働を課してきて健康被害がでそうな場合、会社とその社員の信頼関係は破壊されていると言えましょう。

 

正社員が円満退職すべきというのは、会社と社員の信頼関係が破壊されていないケースについてのみ当てはまることです。

 

信頼関係が破壊されているケースでは、退職に関する法律に違反しない限り、退職手続きにそれほど気を遣う必要はありません。

 

法律では、電話での退職の申し入れも有効とされています。

 

従って、そういったケースでは、例え正社員であっても、電話で退職の申し入れを行い、引き継ぎに関する連絡も電話で行い、退職成立までの勤務日のすべてについて有給を請求することで、会社に一度も出社しないで辞めることが許されるでしょう。