仕事を辞めたい

月60時間の残業があるということは、その会社に特別条項付きの36協定がなくてはなりません。また、特別条項付きの36協定がある場合でも、法律で定められた上限時間を超える残業は違法です。会社に違法な残業がある場合、労働組合や労働基準監督署 ...

仕事を辞めたい

会社で勤めるにあたって、人間関係は非常に重要ですが、人間関係を円滑にするために、上司や同僚の長話に付き合ったり、答えたくもないプライベートの質問に答えることは大変です。しかし、そういったことによるストレスをうめく解消することも、マスタ ...

仕事を辞めたい

介護職の仕事は、3Kで低賃金、長時間労働、人間関係が悪い職場が少なくないと言われています。現在働いている介護職の職場がひどい場合はあっさり転職した方が、良い結果が出ることがあります。あるアンケート調査では、介護職の転職では約90%が転 ...

仕事を辞めたい

職場がしんどくて会社を辞めたい場合でも、会社を辞めることはリスクが高いので、できれば、会社に残って、しんどいという問題を解決したいものです。それができない場合、会社を辞めることも検討しますが、その際の判断基準は、しんどくない職場に再就 ...

仕事を辞めたい

会社が暴行や脅迫などの違法な手段を使って会社を辞めされてくれない場合や、退職時に、退職金や賃金の未払い、有給休暇の請求拒否などの行った場合は、労基署に相談します。相談する際には、事前に、客観的な証拠となる資料を揃えておきます。 ...

仕事を辞めたい

会社を辞めるということは、それまでお世話になった会社と別れ、新しい会社へのステップとなる、一つの区切りです。学校で言えば卒業式に相当するものなので、仕事を辞めることを伝える際には、丁寧な言い回しを心がけます。丁寧であれば、自分の言葉で ...

仕事を辞めたい

正社員が辞める時期として適切な時期に、年度末があります。会社の事業は年度を単位として実施するものが多いので、この時期に退職すると引き継ぎが容易になります。また、人の入れ替わる時期でもあるので、退職が目立ちません。再就職に有利な時期を選 ...

仕事を辞めたい

正社員の就職の場合は1日で辞めるという話はないのですが、パートさんやアルバイトさんの場合、就職して1日で辞めたくなり、短期間で辞めてしまうことはよくあります。短期間で辞める場合、採用担当者に「辞めます」と伝えるだけで退職できるのが普通 ...

仕事を辞めたい

正社員の退職手続きは、引継ぎに配慮したタイミングで退職届を提出し、退職日まで私物を回収し会社貸与品を返却し、関係者への挨拶を済ませておくという流れになります。正社員となると、団体共済や財形貯蓄等様々な福利厚生制度に加入していますから、 ...

仕事を辞めたい

仕事が原因でうつ病などの病気を発症した、あるいは、会社が平気で賃金の未払いなどの法令違反を行っている場合は、会社を辞めてもよい場合となります。ブラックでない普通の会社の辞め時は、その会社に勤めていても明るい自分の将来が描けない時です。 ...