退職代行

会社を辞めたいが会社が辞めさせてくれない場合の主な相談先としては①労働基準監督署②労働組合の相談窓口③退職代行サービスの3つがあります。それぞれについて特色がありますから、ケースに応じて適切な相談窓口を選んで相談すると言いでしょう。

仕事を辞めたい

派遣のお仕事のみ辞めたい場合には、次の派遣のことがありますので、派遣元が辞めさせてくれない時は、契約期間の満了まで我慢して勤めましょう。契約期間が満了すれば問題なく派遣を辞めることができます。派遣元も辞めてしまう場合には、通常の会社を ...

仕事を辞めたい

会社を辞めたくても会社が辞めさせてくれない場合に、会社を押し切って会社を辞める場合に知っておくと役に立つ法律の条文は、労働基準法第5条、民法627条第1項及び第2項、労働契約法第5条です。これらの条文は是非覚えておきたいものです。

退職届

会社を辞めたいのに会社が辞めさせてくれない時に、会社を押し切って会社を辞める場合には、退職届を会社に提出します。退職の意思表示の書面には「退職願」と「退職届」の2種類がありますが、退職願は退職の成立には会社に合意が必要ですが、退職届は ...

退職代行

辞めさせてくれない会社の辞め方としては、退職届を内容証明郵便で会社に送達し、その後2週間勤務(又は有給消化)する方法があります。その他、退職代行サービスを利用する方法もあります。退職代行サービスを頼む場合には、弁護士と提携している会社 ...

仕事を辞めたい

会社を辞めようとしても会社が辞めさせてくれない場合でも、労働者の方には退職の自由が保障されていますので、退職の強い意思を持っていれば最終的には会社の方が折れて、退職できます。会社ができることは辞めないように説得するだけで、それ以上のこ ...

パワハラ関連

会社が「退職するのであれば賃金をカットするぞ」と言ってくることはよくあります。しかし、法律上は、退職を理由に賃金をカットすることはできません。会社の言い分は無視して構いませんし、本当に退職を理由に賃金カットをした場合には、労働基準監督 ...

退職代行

会社の引き留めが激しいので会社を辞められない時に、会社を押し切って会社を辞める方法としては①退職代行サービスを利用する方法②労働法令に従って自分で退職手続きをする方法③バックレる方法の3つがあります。どれも長短がありますので、ケースバ ...

仕事を辞めたい

会社を辞めたいのに会社が辞めさせてくれない場合、問題が深刻であれば、行政指導が可能な労働基準監督署内の総合労働相談コーナーに相談します。問題がそれほど深刻でない場合には、固く退職の決意があれば、会社の方が折れざるを得ないので、最終的に ...

仕事を辞めたい

アルバイトの方にも等しく労働関係諸法令が適用されますので、退職の自由があり、固く退職の決意をしていれば、最終的に会社をそれを認めざるを得えません。退職に関する一定の手続きを踏む必要はありますが、原則として、アルバイトを辞めることは自由 ...