退職代行

退職代行で法律違反が問題となるのは、弁護士や労働組合でない退職代行業者が、依頼人を代理して会社と法律的な交渉を行うことです。単に依頼人の退職の意思を会社に伝えるだけ(使者)であれば、資格等のないものでも代行でき、弁護士等以外の事業者は ...

パワハラ関連, 仕事を辞めたい

モラハラ被害を受けた場合、初めは話し合いや、加害者の転勤を待つなどして、退職しないで解決する方法を考えます。退職しないで解決できそうにない場合は、モラハラのない別の職場に転職することを考えます。 転職が難しい正社員のモラハラ被害は深刻 ...

仕事を辞めたい, 退職代行

弁護士事務所が運営している退職代行サービスを利用した場合、利用申し込み手続き完了後、わずか15分で退職手続きが完了したという連絡が入り、その後も、会社からの連絡は一切なかった、という体験談があります。弁護士は万能の法律家ですので、安心 ...

仕事を辞めたい

突然の退職者が出た場合に、後任者を選任したり勤務シフトを変更して人手不足に対処するのは、会社の責任です。退職される方は、引き継ぎをしっかり行う必要はありますが、自分の退職後の会社に人手不足のことは全く気にする必要がありません。 ...

仕事を辞めたい, 退職代行

2018年末以降、退職代行は儲かるということで、新規参入業者が雨後のタケノコのごとく出現してきています。その中には、背後に暴力団が関係している企業も含まれていると噂されています。このことから、今後は、退職代行を巡るトラブルが増加してい ...

仕事を辞めたい

親には、再就職先が見つかるまで実家に住まわせてもらったり、お金を借りたりできるので、是非味方にしておきたいものです。会社を辞めたいと思うはっきりした理由と、しっかりした再就職の計画を用意すれば、親に「会社を辞めたい」と伝えることができ ...

仕事を辞めたい

過労死ラインを超える時間外労働がある場合は、命に危険がありますので、会社を辞めためればすぎに辞めてもいいでしょう。過労死ラインを超えないが、残業が多くて忙しい場合には、残業を減らすように会社に要求します。それが認められない場合に、退職 ...

仕事を辞めたい, 退職代行

退職に関する法律的な交渉の代行手続きができるのは、弁護士又は弁護士と提携している退職代行サービスに限ります。即日退職を希望する場合には、必ず会社との交渉が必要になりますので、その場合には、弁護士などに退職代行を依頼するといいでしょう。 ...

仕事を辞めたい

会社を辞めることを伝えるのは、職場の上司であることがほとんどです。職場の上司が怖い人でも優しい人でも、退職を伝えることは難しいものです。大局的な観点からすれば、退職を伝えた際の職場の上司の態度は、退職の申し入れの効力に影響は与えません ...

仕事を辞めたい

アルバイトを1か月で辞める場合、例え短い期間のアルバイトであっても、お仕事を辞めることに変わりがないのですので、一般的な退職ルールに従って、礼を尽くして辞めます。無断欠勤からのフェイドアウトは人間性を疑われますので、厳禁です。 ...