退職代行

退職したいのに会社が辞めさせてくれない場合、会社は、労働者のことを思ってそうしているのではなく、会社の都合からそのようにしているのです。低賃金で真面目に働く会社にとって都合の良い労働者が辞められると、会社は損をします。この本質をよく理 ...

仕事を辞めたい

会社の制止を振り切って退職した場合、その退職によって会社に損害が発生して場合でも、ほとんどのケースでは、会社が退職した労働者を裁判に訴えることはありません。従って「退職したら裁判に訴える」という脅しはほとんどがハッタリなので、あまり気 ...

退職代行

退職したいが退職できない場合の相談窓口には、総合労働相談コーナーなど、一般向けの労働問題に関する相談窓口がありますが、変わったところでは、退職代行サービスの相談窓口や弁護士事務所などがあります。どの相談窓口を利用するかはケースバイケー ...

退職代行

退職したいけれども退職できない場合に、1人で悩むことは問題を深刻化する一方です。社内に信頼できる同僚がいればその人に相談してもいいですが、そういった人がいない場合でも、外部には様々な専門の相談窓口がありますから、そういった窓口をぜひ利 ...

仕事を辞めたい

退職したいが退職できない場合に知っておくとよい法律は、労働基準法と民法です。退職時の法律問題に関する相談先としては、労働基準監督署や弁護士事務所などが上げられます。初歩的な知識であれば、WHB上の労働問題の解説サイトを閲覧しても身に付 ...

仕事を辞めたい

退職できないケースについて、会社が説得によって退職を引き留めている普通の場合には、話し合いによって円満退社を目指します。一方、会社が脅迫や暴力などの違法な手段によって退職を妨害している場合には、退職代行サービスなどを使って即時に退職し ...

仕事を辞めたい

退職したのに退職できないケースで、労基署に相談することが必要なケースは、①脅迫まがいの退職引き留めが行われている時②退職を理由に賃金カットが行われた時③有給休暇の請求を拒否された時、などです。労基署は労基法違反が行われた時に会社から労 ...

仕事を辞めたい

退職したいのに退職できない場合の相談窓口として、労働基準監督署が適切なのは、①脅迫・暴行などの違法な手段を用いて退職引き留めが行われている場合②退職届の提出から退職日までの賃金が支払われない場合③有給休暇の消化が認められない場合、以上 ...

退職代行

会社を退職したいのに退職できない場合、退職代行サービスの利用が考えられます。退職代行サービスを利用すると、懲戒解雇にならないように会社と交渉してくれたり、雇用保険の基本手当の受給のために必要なり離職票の取得もしてくれるので、安心して退 ...

パワハラ関連

会社でパワハラを受けているので、会社を辞めたいという場合、会社に退職の意向を伝えると、パワハラがエスカレートする可能性があるので、退職代行サービスの利用がおススメです。退職代行サービスを利用すれば、会社の人間と一度も顔を合わせることな ...